わたしたちについて

高知県幡多郡大月町は大規模な開発や環境汚染がありませんでした。そして、県内他地域に比べて天然林や自然海岸率が高く、豊かな自然資源に恵まれています。人々の暮らしも、都市近郊では既に失われてしまっている、集落単位の地域社会を基本にした暮らし、お金ではなく「もの」や「おこない」をやりとりする経済が残されています。
わたしたち法人は、これまで「当たり前のもの」として見過ごされてきた地域の宝を「地域資源」としてみつめ、その価値を持続可能な形で伝え、その恵みを受けて「ひと」が豊かに暮らす道を提案し実践していきます。

活動の紹介

四国の西南端、大月町で地域の宝を探し、その恵みを次世代へ渡すために色々な取り組みを支えています。美しい海で楽しむクリアカヌー、観光ガイド、自伐型林業、へんろ古道活用、お遍路さんの休憩所「よっちみたや」、国際的な芸術文化交流など、お金に換算できない、統計には表れない「豊かさ」も伝えていこうとしています。

会長 森下 誠
副会長 平井 政志
事務局長 岩瀬 文人
個人会員 14名
団体会員 4団体:各団体の活動紹介
あにめのいろは
大月町観光ガイド会
大月森づくり会
よっちみたや大八の会

協議会が直接運営している活動

海の体験観光活動「かしにしカヤック」」
移住定住促進活動
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 大月ジオ研QRcode-5.jpg
協議会Facebook

お知らせ

情報公開

NPO法人 大月地域資源活用協議会の定款などこちらからご覧いただけます。

大月町観光ガイド会

千種類以上の生物に会える海、白亜の断崖絶壁が続く大堂海岸など「足摺宇和海国立公園」に指定されている多様な文化と日本の原風景を楽しくご案内いたします。高知県観光ガイド連絡協議会紹介ページ

大月森づくり会

大月森づくり会は、大月町内の私有森を整備し、間伐や薪づくりなど地域の森林資源を活用し、移住者や若者の定住をめざす等、地域の活性化を進めています。団体紹介ページ